トップ

神社へ観光に行くときの注意点

国内の観光について

神社を観光する時のポイント

日本国内には様々な神社がありますが、それぞれの参拝方法があり、それに基づいて正しくお参りするのは、最低限のマナーです。手水舎でのお清めの仕方、鳥居のくぐり方、参道から本殿まで歩く時、礼拝の方法など、どれを取り上げてもそれぞれの行動には意味があり、神様の領域にお邪魔させていただく為に清廉な気持ちで臨むことが重要なのです。神社・仏閣を巡る観光旅行は人気がある理由の一つとして、最近では御朱印にも注目が集まっています。御朱印には金運や財運などの特別な御利益が得られるもの、期間限定のもの、珍しいデザインのものと様々で、御朱印集めを目的とした観光をする人も多く見られます。

観光,日本の神社

神社の正しい参拝方法

世界遺産の多い京都へ観光旅行へ行くと、神社で参拝をすることも多いと思います。その正しい参拝方法を知っていますか。まずは鳥居の前で一礼します。鳥居や参道の真ん中は神様の通る場所なので、私たちは右か左に寄って歩きましょう。次に手水舎で手と口を清めます。右手でひしゃくを取って左手を洗い、左手に持ち替えて右手を洗います。再び右手に持ち替えて左手で口を洗い、残った水を柄に流し落とします。神殿前ではそっと賽銭箱にお賽銭を入れて鐘を鳴らし、二礼二拍手をしてから神様への感謝の言葉とお願いをして一礼します。鳥居から神社外に出た時も、振り向いて一礼をすることを忘れないでください。観光だとしても、神様にお願いごとをするのですから、正しい仕方で参拝できるように覚えておきましょう。

↑PAGE TOP